認定NPO法人       ぽっかぽかランナーズ
スマートフォンの方は右端の≡をタッチすると上のメニューナビが開きます

間寛平さんがぽっかぽかランナーズの呼びかけ人に!

間寛平さんといえば、2008年12月から2011年1月におよそ2年にわたり、世界一周4万キロにおよぶアースマラソンにチャレンジしたことでも知られています。
ぽっかぽかランナ-ズの活動拠点である宝塚市在住、2015年に宝塚市大使に就任されました。
ぽっかぽかランナーズは2014年から淀川寛平マラソンに参加しています。これから、毎年、寛平さんにぽっかぽかランナーズの成長ぶりを見ていただきたいです。

間寛平さんプロフィ-ル

9月1日付けで認定NPO法人になりました!

認定とは、所轄庁に認証された特定非営利活動法人法人の中で、特に公益性が高く、運営組織や事業活動の実態を確認した上で認めらる制度です。その法人へ寄附をした市民や企業等の寄付者が税制上(所得税・法人税・相続税)優遇されます。
これから、ご寄付くださった方々には、寄附金受領証明書を送らせていただきますので、申告時まで大切に保管してください。

共に走って感動2倍!!

誰かと一緒にいい汗流してみませんか?
 障がい者ランナー募集中!!
私たちはあらゆる障がい者ランナーをサポートします。
身体障がいのある方は「足こぎ車いす」を使っていただいています。
「足こぎ車いす」は脳梗塞などで半身麻痺の後遺症が残った方のリハビリ用に開発されましたが、脳性麻痺や脊椎損傷の方もこいでおられます。
自分の足で風を感じてください。
「私の足が動いている!」と驚かれる方が多いです。
マラソンに興味のない方でも体験大歓迎です。
伴走ランナ-募集中!!
とにかく、体験してみてください。今まで出会うことのなかった人との出会いが、いろいろな感動をプレゼントしてくれます。速く走れなくても大丈夫。フルマラソン走れなくても大丈夫!マラソン初心者大歓迎です!100キロマラソン世界一位の宮里康和さんが代表の(株)ラブパラオから、毎回コーチが来てくださいます。障がい者ランナーと一緒にステップアップして、障がい者ランナーをマラソン大会で輝かせてください!練習会は宝塚と大阪でそれぞれ9回ずつ開催。7月から9月はいろいろな障がいを理解する「ぽっかぽか講習会」を開催します。マラソンシーズンに入ったら年間8大会ほど出場します。
伴走ランナ-募集中!!
とにかく、体験してみてください。今まで出会うことのなかった人との出会いが、いろいろな感動をプレゼントしてくれます。速く走れなくても大丈夫。フルマラソン走れなくても大丈夫!マラソン初心者大歓迎です!100キロマラソン世界一位の宮里康和さんが代表の(株)ラブパラオから、毎回コーチが来てくださいます。障がい者ランナーと一緒にステップアップして、障がい者ランナーをマラソン大会で輝かせてください!練習会は宝塚と大阪でそれぞれ9回ずつ開催。7月から9月はいろいろな障がいを理解する「ぽっかぽか講習会」を開催します。マラソンシーズンに入ったら年間8大会ほど出場します。
ぽっかぽかランナーズを設立して5年目に入りました。2016年には関西テレビみんなのニュースワンダーで取り上げていただきました。メンバーも少しずつ増え、7台の足こぎ車いすで身体障がい者ランナーもサポート出来るようになりました。

障がい者ランナーと伴走ランナーの方々の声 
(顔画面をクリックで動画が見られます)

ドラベ症候群のきよくんが3.2キロのマラソンに挑戦しました。きよくんはあと10年ほどで歩行困難になると言われています。思い出作りに始めたマラソン、3キロ完走が難しくなってきました。
どしゃ降りの中頑張った淀川寛平マラソン。 ちーくんと伴走ランナ-のドンかずやの感想
20代 男性
淀川国際ハーフマラソンで頑張ったともくんと伴走ランナ-のまりちゃんの感想
20代 女性
りょうくんが10キロ初挑戦した淀川国際ハーフマラソン。約51分でゴールしました。感想は伴走ランナ-のたかちゃん。
20代 男性
りょうくんが10キロ初挑戦した淀川国際ハーフマラソン。約51分でゴールしました。感想は伴走ランナ-のたかちゃん。
20代 男性

「ぽっかぽかランナーズ」発足の経緯

 聖憲(きよくん)はドラベ症候群(SME)という難病と闘っています。5ヶ月の時に初めてのけいれん発作。それからは木漏れ日や縞模様を見るだけで、2~3時間も続く発作がおきるようになりました。
 2004年に「きよくん基金を募る会」を立ち上げ、ぽっかぽかコンサートでは朗読、ひとり芝居、ミュージカル、影絵劇、朗読劇などで、てんかんを啓発するオリジナルプログラムを制作公演すると共にSMEの研究資金を募ってきました。 
 特別支援学校高等部のマラソン大会(1.5キロの部)では、“歩いてでかまわない、完走して欲しい”と願っていましたが、1位でゴール。そこには誇らしげな聖憲の笑顔があり、本当に嬉しかった。重度の知的障がいを持つ聖憲に輝けるものが見つかったのです。  2012年の春、聖憲が17歳の時、30歳くらいから車いす生活になることを知りました。短命だったSMEが医療の進歩のお陰で生きられるようになってきて現れた症状で、原因は不明だそうです。 マラソン大会に出場して感じたことは、障がいのある方の参加者の少なさです。視覚障害者の伴走ランナーは見かけられるようになっていますが、知的障がい者や身体障害者の伴走ランナーはまだまだ知られていないのが現状です。ランナーと障がい者ランナーを引き合わせる「ぽっかぽかランナーズ」を立ち上げ、マッチングしたランナーたちがいろいろな大会にチャレンジしていけるような支援がしたいと思いました。障がいがある方もマラソンを通して、社会に飛び込んでいけるように、また、それを当たり前に受け入れてもられるような社会になればと思います。「ぽっかぽかランナーズ」は参加者だけでなく、見た人の心もぽっかぽかにしてくれるでしょう。

gooddo(グッドゥ)をご存知ですか?
gooddoは自分の応援したい社会貢献団体を、誰でも、今すぐ、簡単に応援することができるソーシャルグッドプラットフォームです。
下の赤い応援するボタンをクリックしていただきますとぽっかぽかランナ-ズの「gooddo 」のサイトにいきます。
gooddoの中の応援する!ボタンをクリックすることでポイントが貯まり、「ぽっかぽかランナーズ」を無料で支援することができます。
同様にgooddoのページから楽天でお買い物すると、購入額に応じた支援金が「ぽっかぽかランナーズ」に届けられます。
お買い物ポイントは今までどおりです。ぽっかぽかランナ-ズをご支援いただきたく、お願い致します。

よくあるご質問

練習会について教えてください。
宝塚練習会は原則として10月~6月の第一日曜、9時から宝塚市総合福祉センター(阪急・JR宝塚駅より、10分間隔で阪神バスが出ています)で受付、
武庫川河川敷に移動して9時半~12時が練習時間です。

大阪練習会は不定期ですが原則として3月~11月の月に1回、9時半~12時に行います。 アミティ舞洲で受付を行い、舞洲人工浜やヨットハーバーで練習します。
トップページのナビゲーションの「会員募集」「スケジュール」をクリックして、詳細をご確認ください。スマートフォンの方は ≡ をクリックしてください。

交通費はいただけますか?
上限は3,000円ですが、伴走ランナ-の方(保護者の方は除く)の方にお支払いしています。

10月から3月分までを4月以降に、4月から9月分までを10月以降にお支払い致します。
交通費は実費になっています。車の方は高速料金・駐車料金をお支払いしています。
トップページのナビゲーションの「会員募集」をクリックして、詳細をご確認ください。スマートフォンの方は ≡ をクリックしてください。

今まで、障がいのある方と関わったことがないのですが、大丈夫でしょうか?
大丈夫です。保護者の方も来ていただいていますので、アドバイスをもらえます。
また、7月、8月、9月はあらゆる障がいを理解する「ぽっかぽか講習会」を開催します。是非、参加してください。
どんなマラソン大会に参加していますか?
10月から5月まで平均して月に1回程度の参加を目標にしています。
終了してしまう大会もありますし、視察してみて参加を見直す場合もあります。
3キロが中心になりますが、午前・午後をまたがずに参加出来る場合は10キロやハーフも参加していきたいと思っています。
トップページのナビゲーションより、参加した大会は「活動および会計報告」、予定は「スケジュール」をクリックしてご確認ください。
スマートフォンの方は ≡ をクリックしてください。
今まで、障がいのある方と関わったことがないのですが、大丈夫でしょうか?
大丈夫です。保護者の方も来ていただいていますので、アドバイスをもらえます。
また、7月、8月、9月はあらゆる障がいを理解する「ぽっかぽか講習会」を開催します。是非、参加してください。

お問い合わせ

伴走ランナ-、障がい者ランナー、正会員、賛助会員募集中です。
体験大歓迎です。ご質問がありましたら、メールいただきたくお願いいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信